今日の日記 20040415

時には、もう人生を卒業したいと思うことがある。
その度に、卒業できない自分が居る。

3つの卒論が残っているからだ。

そうやって、自分は生かされた居ることに気が付く
可笑しいね。
大いなる神にではなく、小さな神の子に
私は生かされているのだ。

執着を押しのけずに従えば、そういうことになる。
愛情と言う執着
命への執着
強欲なことだ・・・・

それでも、時には人生を卒業したくなるときがある。
精神を病むことないように、流れのままに・・・・
「ただひたすら」を目当てに生きていくのだ。
それ以外に何があるだろう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック